FC2ブログ

記事一覧

RED OUT ルール

オリジナルゲーム RED OUTの説明です。
カード

【内容】
プレイ人数:2人
カード枚数:10枚(5種類のカードが2枚ずつ)
 1.レッドアウトカード(以降赤ドクロ)
 2.ホワイトアウトカード(以降白ドクロ)
 3.ブラックアウトカード(以降黒ドクロ)
 4.ホワイトカード(以降白カード)
 5.ブラックカード(以降黒カード)
プレイ時間:10分
対象年齢:10歳以上

【ルール】
・各プレイヤーは5種類のカードを手札とする
・各プレイヤーはカードを伏せて出し、同時に公開する
・以下の判定を行う
 1.赤ドクロは白ドクロと黒ドクロをアウトにする
 2.白ドクロは白カードをアウトにする
 3.黒ドクロは黒カードをアウトにする
・アウトになったプレイヤーは敗北する
・決着が付くか、手札が尽きるまで手順を繰り返す
・決着が付かない場合は引き分けとする

【追加ルール】
・いずれかが3勝するまで行う
・最大4人まで同時に対戦可能(2セット必要)
・コインを掛けて勝負してもよい

以上で説明を終わりますが、これだけで面白いの?と思うかもしれません。
散々やっている自分でも、実践無しで面白さを伝えるのは難しいと思います。

しかし相手の心理と残り手札の計算が頻繁に発生する為、
計算が得意な人が行うと勝率が格段に上がります。

例えば一手目が以下の状態だとします。

相手:赤ドクロ
自分:白カード

勝敗が付かない為、次のカードを選びますが、この時点であなたは有利です。
なぜなら1手目の赤ドクロの勝率が40%だとしたら、
2手目の赤ドクロの勝率は50%になるからです。

相手手札:白ドクロ、黒ドクロ、白カード、黒カード
自分手札:赤ドクロ、白ドクロ、黒ドクロ、黒カード

しかも、相手に赤ドクロが無いため、白ドクロ、黒ドクロはノーリスクで出すことができます。
さらに、相手が勝つにはこちらの黒カードに、黒ドクロを合わせるしか無く、実質1パターンしか勝機がありません。

一方こちらは、赤ドクロで50%の確率で勝利するか、相手が逃げの白カード、黒カードを出すと読んで、
白ドクロか黒ドクロでトドメを指すかの選択肢を選び事になり、
たった1手終わったばかりなのに、非常に有利な状況になります。

もう一つ面白い状況があります。
5枚を出して勝負が付かない場合に引き分けになりますが、
お互い2手目までに、白ドクロ、黒ドクロを出し切った場合だけに起こるケースがあります。

相手手札:赤カード、白カード、黒カード
自分手札:赤カード、白カード、黒カード

この場合、アウトを取る組み合わせが無いため、2手目で引き分けが確定します。

このように少ないカードからは想像できないような複雑なパターンが現れ、
また、相手の心理が弱った場合は連続で勝利できるなど、運に頼らない展開を作れる事が、
このゲームの醍醐味になります。

もし、興味を持たれた方はゲームマーケット秋2017に出品しますので、
テストプレイもできますので様子を見に来て下さい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

【CONTENTS】

Capture__2018-10-02-07-46-51.png    ■■■■■■■■■      ▼【RED OUT】紹介 箱表縦2     ▼お買い求めはこちら Capture__2018-10-02-07-47-23.png    ■■■■■■■■■      ▼【HIDE OUT】紹介 PKG表     ▼お買い求めはこちら Capture__2018-10-02-07-47-23.png    ■■■■■■■■■      ▼【KINGS RING】予約 1538178742019.jpg

検索フォーム

アクセスカウンター

アクティブユーザー

現在の閲覧者数: