FC2ブログ

ゲムマ感想戦【一回目】

2017/12/04 22:57:37 | 活動内容 | コメント:0件

写真 2017-12-02 16 51 19
嵐のようなゲームマーケットから一夜明け、皆さん日常に戻られたのでは無いでしょうか。

ろっくは絶賛風邪を引いていますが、少しずつゲームマーケットの感想を書いていきたいと思います。

【準備について】
初参加のため、前日まで試行錯誤をし、当日は持てるもの一通り持っていきました。

【持ち物リスト】
・RedOut 200個(二日目100個追加)
・出展者証 4(daisukeがサークルキーホルダーを作ってくれ、出展者証に皆付けていた)
・商品コイン25x20(他に500枚もって行ったが、予備分も無くなるほどコインが売れた)
・釣り銭(5000円20枚、1000円20枚、500円50枚)←それほど必要無かった
・付録コイン5x100 (購入特典用。最後の方は足りなかった)

・名刺 (100枚くらいあったが、ほとんど無くなった。デザインカッコイイと言われた)
・プレミアム版x8 (2個売れた。ディスプレイ用に今後も使いたいので売り切れなくて良い)
・予約リスト (全員来店して頂いた。その場で追加購入する方も)
・トートバッグ 100 (皆大きいカバンを持っている為売れなかった。カードとセット購入を勧めた方が良かったかも)
・タブレット (プレイ動画を流し大活躍。大きいバッテリーは必須)

・テーブルクロス (店用1枚、試遊卓用2枚。あるだけで遠目から視認できて非常に良い。無いブースは目立たない)
・チラシ (50枚刷ったが初日は昼に無くなる。追加で刷ったが翌日の昼に無くなる)
・タペストリー (220cmまで伸びるのを使用。あるだけで探しやすい。撮影時に背景にもなる。必須)
=CM=
地元のプレオで頼みました。
材質はフォールディングポスターで畳んでも、飾るとシワが無くなるのは本当でした。ありがとうございます。

・バッテリー (3回分充電できる物を使用)
・シャドーボックス (アクセントになる。何か言われたとは聞いてない。)

・販売POP (店先より試遊卓に置くのが重要。インスト後にスムーズに商品説明に移れる)
・スタンド (多めに用意した方がいい、トートバックを立たせたかったなど、思わぬ使い方をしたくなる。)
・試遊用説明書 (ラミネート加工したA5サイズで用意するといい。イスが6脚なので6枚必要。)
・インスト資料(用意しなかった。アドリブでこなせ!意外とインストはやればやるほど効率化される。事前に用意するよりかは、ボードゲームカフェなどで練習すると良い。今回は皆アドリブ。)
・領収書 (用意したが使われなかった。隣のブースが急に必要になって慌ててた為、Lotusが1枚上げたくらい)

・ガムテ、養生テープ (行きも帰りも必要。養生テープはテーブルクロス固定に使用)
・カッター (ハサミかカッターは必須)
・ハサミ  (荷物の解体、A4印刷を分割してチラシ作成、その場でPOP整形など大活躍)
・両面テープ (強く固定したい場合は必要。撤収時に剥がすのに苦労)
・売り場底上げケース (シャンパンのでかいケース二個とテッシュと本を底上げに使用)

・厚紙 (何か使ったかな?ブースの形を変えたい時にその場で加工できる。)
・商品サンプル (必須。中身の説明を一からしないで済む。)
・筆記用具 (ボールペン、マッキーは必須。カード枠が黒なので修復もできた。)
・ビニール袋 (必須。ゴミ袋や小物まとめに使用)
・宝箱 (だいぶ目立った。コインより宝箱売って欲しいという意見もあった)

・キャッシャーセット (トレイとキャッシャー君を装備。キャッシャーくんは目立たなかった?)
・衣装 (コスプレとまで言わないが、ブースのイメージが赤で、赤のウインドブレーカーを着ていた為、試遊卓は赤い人がやりますと案内できた。試遊卓の衣装はブースカラーで合わせるべき)
写真 2017-12-02 13 35 07

・電飾 (ディスプレイについて実際の店を見て回ったが、光るだけで凄い目立つ。ゲムマ会場でも光るのは少数派だがあると目立っていた。今回商品ディスプレイの背後にLED装飾をしたが、プロの仕業並にカッコよかった。)
・健康飲料 (無い。お茶だけ。会場に自販機や近くにコンビニがあるので現地調達が可能)
・ブレスケア (朝に豚キムチカップ焼きそばは無いだろー!よく考えろよ!の時はブレスケア。)
・ホカロン (朝は寒いが、昼以降熱い。夜はまた冷える。結論としてはいらない)

【予定に無かった者】
・ホワイトボード (書いている暇がない。それより試遊出来ますの持てるPOPが欲しかった)
・ホワイトボードを刺すやつ。(いらない。目の前の人に教える場合は不要。)
・テッシュ (BOXで持って行った。ディスプレイの高さ確保に、いつでも使える。超便利)
・キャリー (80kgまで運べるのを買った。25kくらいを電車で運んだが超大変。郵送か車をおすすめする)
・軽食 (差し入れがあったので助かった。会場で食べる暇と食べる所(激混み)は無いと思ったほうが良い)

・昼食 (売店のサンドイッチはすぐに売り切れ。焼き鳥丼800円はさほど美味しくなかった。食べるところも無い)
・自由帳 (何か書く暇はない、いらない)
・メモ帳 (だから書く暇・・・ 売れた場合に正の字を書いていたが、書くのも間に合わない程だった)
・英語用資料 (作らなかったが、数組は来る。中国の方?でも英語でなんとかなった。)
・撮影係 (必要。記録を取る暇など無い。後半は撮影係もインストに駆り出されていた)

・ブース番号(A4を分割した物をラミネート加工した。結果として大成功。番号表示のブースは少なく、ここがどこなのか分からなくなった。番号が見えると今の場所が推測出来る為、ブースのPRにはならないが公共の情報として有用。正直迷子になりそうになった。)
・おまけ(商品POPの背景は商品と違う色にしましょう!白背景だったのでトートバックと視認されなかった。それと商品ごとにPOPを分けたほうがレイアウトを変えられる為有用)

感想としては売れない商品が判明したら、一緒にどうですかと早めに売り方を変えた方がいい。
足りないと当日思った物は試遊台用の呼び込みツールで、試遊台合いてますプレートは良いと思った。

それと試遊台こそ販売ツールなのだと実感した。店先は狭すぎて商品説明も満足にできない。

持ち物リストだけで大分長くなりましたので、続きは次回にします。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する